アクセスを集めるには検索エンジンの1ページ目に自分のブログを置こう

以前の記事で、アクセスを簡単に集めるには「旬なネタを扱い、ライバルがいないところで記事を書けば良い」と言う話をしました。今回はその話を掘り下げてもう少し具体的にしてみたいと思います。

以前の記事→アフィリエイト初心者でも簡単にアクセスが集められる方法

結論から言うと

「ライバルがいないところで記事を書く」とは「検索エンジンの1ページ目に自分のブログを置く」ということになります。

検索エンジンの1ページ目に自分のブログが置ければ、それだけでアクセスはたくさん来るようになります。検索エンジンの1ページ目とは、検索エンジンにキーワードを入れて調べたページの1ページ目ということです。

ちょっと分かりにくいですか?では具体的に見ていきましょう。

例えばGoogleやYahooなどの検索エンジンで「楽天アフィリエイト 10万円」と入れて検索した場合、1ページ目はこのように表示されます。

そして検索した人の多くは1ページ目の一番上から順に見ていくことが多いです。また逆に言えば、2ページ目以降はほとんど見られない、とも言えます。

つまり、検索結果の1ページ目に自分のブログが表示できれば、検索した人の多くは自分のブログにやってきてくれますが、2ページ目以降に自分のブログが表示されてしまうと、人はほとんどやってこない、というような状況になります。

ですから、アクセスを集めたければ、どうしても検索エンジンの1ページ目に自分のブログを表示させる必要が出てきます。

では検索エンジンの1ページ目に自分のブログを表示させるにはどうしたらいいでしょうか?

それは簡単で、他の人が書いていないキーワードを記事タイトルに入れて記事を書く、ということで達成できます。

例えば先ほどの例だと、「楽天アフィリエイト 10万」で検索した時には、「楽天アフィリエイト」と「10万円」というキーワードが入った記事はたくさん出てきました。10記事中6記事にこのキーワードが入っていますよね。

この状態の中、「楽天アフィリエイト10万円」というキーワードを入れて記事を書いても、1ページ目に表示されるかどうかは分かりません。2ページ目以降に表示されてしまう可能性も高いです。なぜならばライバルサイトが多いからですね。ライバルが多いと自分のサイトは埋もれやすくなります。

しかし、キーワードを変えて、「楽天アフィリエイト 作業」と検索するとどうでしょうか?「楽天アフィリエイト」と「作業」というキーワードが入って記事は、10記事中1記事しか出てきません。

この場合、「楽天アフィリエイト」「作業」と言うキーワードを入れた記事をあなたが書けば、ほぼ必ず1ページ目に記事が表示されます場合によっては1ページ目の一番上に表示されることもあるでしょう。

ここまでお分かりいただけましたか?ライバルが使っていないキーワードを入れて記事を書くことで、1ページ目に表示される可能性が飛躍的に高まるわけです。

そして1ページ目に自分のサイトが表示されれば、自然とアクセスは多く来るようになります。

ですから、適切なキーワードを入れ、ライバルがいない場所に記事を書いていくことが大事になってきます。

そして、それさえできればアクセスには困ることはありません。いくらでもアクセスを集めていくことが可能になります。

これらを踏まえた上で以前話した話と組み合わせると

「検索ニーズの高い今巷で話題になっているネタを扱い」さらに「その中でライバルの少ないキーワードを入れて記事を書くこと」で検索エンジンの1ページ目に自分の記事を表示させ、結果アクセスをたくさん呼べる、ということです。

このような戦略を使うことで、稼ぎにくいと言われる楽天アフィリエイトでも初月10万円稼ぐことができたわけですね。

いかがでしたか?初心者にはちょっと難しい話だったかもしれませんが、めちゃくちゃ大事なことなのでしっかりと理解していただいたらいいかなと思います。

ただ、理屈は難しいですが、実際の作業ではほとんど頭を使わずライバルのいないところに記事を置いておくことができますので難しそうと思わなくていいです。

今日やって欲しいことは「検索エンジンの1ページ目にブログあるとアクセスくるんだな」と理解することです。

それでは今回はこの辺で。

楽天アフィリエイトで10万円稼ぐ個別アドバイスもしていますのでよければご参加ください。それではありがとうございました。